その職場と言うのはドラックストアなどから公務員としての研究員とそのレベルはピンきりですが薬剤師と言う資格を持っていれば就職に困ることはありませんでした。
この現状は今は変わっているのでしょうか。
薬剤師が余っていると言う事がささやかれています。これは現実ではありません。薬剤師は余っていないのが現状です。
医療関係者と言うのは都市部への集中と、地方での人手不足、という問を抱えています。薬剤師も同じことが言えます。
また薬剤師は女性が多く結婚出産を機に辞めてしまう傾向もあります。
どこかで薬剤師不足は起きているのです。
その薬剤師の働く現場ごとに給料は違います。薬剤師=高給取ではないのです。
薬剤師の職場を大きく分けると「病院」、「調剤薬局」、「ドラッグストア」、「製薬会社」の4つになります。もちろんこの他にも血液センター、大学等の研究機関、あるいは様々な調査を行う行政機関や保健衛生施設なども薬剤師の働く職場です。
1番年収が高い職場は大手製薬会社です。同じ薬剤師でも働く現場備よって給料は変わってきます。ドラックストアの薬剤師でも小規模のドラックストアよりも大手なら給料はよくなるでしょう。

Trackback

no comment untill now

Add your comment now