悩んで購入を決めたことでしょう。
しかし、何らかの理由で売却することになる方もいらっしゃることでしょう。
その場合、売りを急がれる場合もあるでしょう。売りを急げば、売却価格は度外視になります。売却価格を重視すると言う事も考えられます。価格重視か時期重視か売却の手順も売却価格もは変わってきます。
家の売却においては、不動産取引に関する法律があります。

まず、売却にあたって不動産業者との媒介契約をすることになります。
媒介契約にも3種類あります。
《専属専任媒介契約》
・契約社数…1社のみ
・進捗報告…1週間に1度以上
・契約の特徴…不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約。この契約中は、他の不動産仲介会社に依頼したり、自分で買主を探すことは原則出来ず、もし行った場合は違約金が発生する。契約先の不動産会社は、契約後5営業日以内に流通機構に物件を登録し、1週間に1回以上、売却活動状況を売主に報告すること。
《専任媒介契約》
・契約社数…1社のみ
・進捗報告…2週間に1度以上
・契約の特徴…不動産会社1社のみに仲介を依頼する契約で同時に自分で買主を探すこともできる契約。契約中に、自分で探した買主に売却することが決定した場合は、契約に要した費用を不動産会社に支払うことになる。契約先の不動産会社は、契約後7営業日以内に流通機構に物件を登録し、2週間に1回以上、売却活動状況を売主に報告すること。
《一般媒介契約》
・契約社数…自由
・進捗報告…規定なし
・契約の特徴…複数の不動産業者に、同時に仲介を依頼できる契約。契約先の不動産会社が、売主に売却活動状況を報告する義務はなし。

 

 

Trackback

no comment untill now

Add your comment now